癌の治療方法と副作用

癌の治療を選択するには次の経過をたどります。
まず何らかの自覚症状で癌を疑ったり、検診などで疑いがあった場合病理学的な検査で癌細胞の有無を確かめます。


情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

次に組織の細胞分裂の速さや変化などを調べることで、適する治療法がわかります。

最後に組織の大きさやリンパ節への転移をしていないか、ほかの臓器に転移していないかなどを調べます。

を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。全身状態や肝臓、腎臓、骨髄などの機能に問題がないかチェックし、本人の希望を加味して治療方法を決定します。



主な方法は手術療法、放射線療法などの局所療法と、抗癌剤、分子標的薬、ホルモン剤、サイトカイン療法などの全身療法があります。気軽にの詳細は専用ホームページで紹介しています。
種類や病状によって治療方法の選択や組み合わせなどを決定します。

手術療法は腫瘍が出来た臓器の一部を手術によって切除する方法です。


放射線療法は腫瘍と周辺の臓器に放射線を照射する方法です。陽子線治療や重粒子線治療などもあります。

薬剤を用いて癌細胞の分裂を抑えるのが抗癌剤です。



分子標的薬は癌細胞だけを標的にする薬で、細胞に栄養を与える血管が出来るのを阻止する新しく開発された薬です。

ホルモン剤は乳癌などホルモンの影響を受けやすい病気の場合に、ホルモン剤を投与することにより細胞の増殖を抑える方法です。



サイトカインはインターフェロンなどの物質で細胞の増殖を抑える方法です。
抗癌剤は種類によって様々な副作用があります。

吐き気や貧血、脱毛、便秘などが主なものです。他にも手足のしびれ、口内炎、倦怠感やむくみなどがありますが、いずれも治療が終われば回復します。
安心して治療に専念するには、どんな病気かを正確に理解し、治療や副作用を知ること。

そして副作用の対処方法を知ることです。


また先々のことを考えすぎないこと、すぐに出来る楽しいことを計画し実行すること、そして病気や薬などについてわからないことがあったら、理解できるまで聞いてみることが病気を治そうとする気持ちを高めます。

大まかな調査費用や日数について知るのもいいです。





ページ上部へ